KHB東日本放送新社屋の建設工事進捗状況・2020年4月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


太白区あすと長町で移転新築工事が進んでいる「KHB東日本放送新社屋」の工事進捗状況を見てきました。2月に見た時には地下部分の工事中で地上には何もありませんでしたが、今回見てみたら3階部分まで鉄骨が組み上がっていました。


あすと長町大通の方から撮影。3階部分といってもテレビスタジオなので天井が高く、一般的な3階よりも高さがあるようです。


鉄骨は北東側から組み上げられているので、少しずつ手前の方にも鉄骨が組まれていくんでしょうね。


北側から撮影。「KHB東日本放送新社屋」は、敷地面積4,580.76㎡、建築面積3,000㎡、鉄骨造の地上5階建てで高さ29m、鉄塔含めた高さ47.8m、延べ面積8,900㎡の規模のテレビスタジオです。


西側のゼビオアリーナ仙台の前から撮影。建物は2021年1月31日に完成、その後に青葉区双葉ケ丘の現社屋から移転してきて10月から放送を始める予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 泉区民さん より:

    いつも楽しみにしながら見ています。ここの建設がこんなに進んでるとは思いませんでした!アスト長町は大きい区画にどっしりとした高層マンションが建設され高架の鉄道と広い道路が都会感があって好きです。最近はコロナウイルスの影響で取材も気をつかってると思いますが今後の活動も頑張って下さい!毎日楽しみにしてます!

    • cooyan より:

      コメントありがとうございます。
      仕事で外出する必要があり、その合間に撮影しているので今のところ大きな影響はありませんが、
      今後の動向次第でどうなるかわからないので早くコロナが収束して欲しいものですね。