KHB東日本放送新社屋予定地の最新状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区あすと長町に移転新築する「KHB東日本放送」新社屋建設予定地の最新状況を見てきました。


建設予定地は「あすと長町大通」に面していて、北側には仙台市立病院があり西側にはゼビオアリーナ仙台があります。


2016年に東日本放送の移転計画が発表され、昨年には新社屋予定地と書かれた看板が設置されましたが、ずっと空き地のままでした。しかし今回見てみたらコインパーキングとしての利用が始まっていました。


敷地の周囲に「OPEN」と書かれたのぼりが立ち並び、出入り口には料金支払いのゲートが設置されていて、本格的にコインパーキングとして営業するようです。建設工事が始まるまで時間がかかるということでしょか。


コインパーキングの片隅には「KHB東日本放送 2021年秋オープン!新社屋予定地」と書かれた看板が設置されたままなので計画には変更が無いようですが、オープンまで約2年半なので、コインパーキングとしての利用はそれほど長くないのかもしれません。


工事が始まるまで空き地のままで置いておくよりも、少しでも利益を上げられるようにしようということなのでしょうね。


南西側から撮影。全体の敷地面積は約6,600㎡で、東日本放送新社屋に約4,600㎡を使い、残りの約2,000㎡の土地は事業提案を公募しているということで、テレビ局以外にどのように土地を利用するのか、新社屋の概要とともに発表が待たれますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする