バイタルネット本社ビル新築工事の最新状況・2021年7月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


小雨が降る中、青葉通を西へ向かっていると、西公園通との交差点南西角に巨大なパワークレーンが設置されているのが見えてきました。「バイタルネット本社ビル」の新築工事現場です。


3月に見た時には地下部分の工事中でしたが、いよいよ建物が組み上がっていくようですね。


北側の西公園から撮影。
バイタルネットの新本社ビルは、敷地面積927.41㎡、建築面積487.80㎡、鉄骨造の免震構造で地上9階建て、高さ41.37m、延べ面積3,616.32㎡の規模の事務所、展示場のビルになります。


敷地を囲む白いパネルに完成予想図が掲示されていました。そこに書かれている説明文によると、ここは仙台城の大手門に至る場所ということで、かつて仙台城にあった懸造りの建物の柱と梁をイメージして端正で力強い外観にしたそうです。


現場にはバイタルネットの歴史などを説明したパネルも掲示されていました。元々は宮城県登米市が創業の地で、「鈴彦」「サンエス」と社名変更しながら、新潟県の会社と合併して現在に至る医薬品卸の会社ということが書かれていました。


仙台城の入り口という場所柄を考慮してデザインされた建物ということで、どのような街並みになるのか完成が楽しみですね。バイタルネット新本社ビルは2022年5月31日に完成予定です。