仙台駅近くに農作物直売所AOYAがオープン・2017年9月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


JR仙台駅近くに農作物の直売所がオープンしました。
場所は仙台駅西口、ホテルメトロポリタン本館の南側で愛宕上杉通沿いの仙台キャピタルタワー(旧住友生命仙台ビル)、仙台ワシントンホテルなどの向かい側です。


もと駐車場だった場所に建設されたのが、JRアグリ仙台が運営する農作物直売所AOYA(あおや)です。


建物は2階建てで1階が直売所と総菜や弁当の店舗で、1階の一部と2階がレストランになっていて、直売所の新鮮な素材で作った料理が食べられます。


運営するJRアグリ仙台とは、JR東日本と地元の農家が共同で設立した会社で、今回オープンしたAOYAは基幹店舗ということで、扱われている農作物は県内の約40の農家が生産したものだそうです。


AOYAの建物は、それほど大きくなくて裏側は駐車場のまま利用されています。仙台ホテル跡のEDENやハピナ名掛丁のジャンジャン横丁跡に建設された商業施設と同じように、本格的な再開発までのつなぎの施設なのかなとも感じられますが、この場所での具体的な再開発計画は今のところないようなので、当分の間はAOYAとして営業を続けていくのでしょうね。


AOYAから歩いてすぐの場所には仙台朝市があります。東四市場がリニューアルされて屋上がビアガーデンになっていました。こちらは農作物のほか、AOYAでは扱っていない新鮮な肉や魚介類が安く販売されています。


今回、AOYAがオープンしたことで、仙台朝市と共に仙台駅前で新鮮な食材が手軽に買えるようになり、駅前の魅力が増して集客力が更に増えそうですね。