東京建物(仮称)仙台花京院PJの最新状況・2018年10月

SNSフォローボタン

フォローする


東京建物が青葉区花京院に建設する新しいオフィスビルの最新状況を見てきました。駅前通の広瀬通交差点を越えて北へ進んで行きます。


駅前通と国道45号線の交差点に立つ高層ビル「花京院スクエア」の手前のコインパーキングが新しいオフィスビルの建設予定地です。


コインパーキングとしての利用が現在も続いていますが、ひとつだけ進展がありました。


6月に見た時には無かった「建築計画のお知らせ」が掲示されていました。それによると名称は「(仮称)仙台花京院PJ」で敷地面積約860㎡の土地に地上9階建てで高さ45m、延べ面積約5,996㎡のオフィスビルが建設されます。建物の用途は事務所、店舗、駐車場と書かれていました。


地元テレビ局の報道によると、IT企業のコールセンター等の入居を見込んでいるそうです。店舗の入居も予定しているようですが、立地的にはコンビニになるのかなという感じですね。


東側から撮影。
着工は今年の12月15日、2020年2月29日の完成予定なのでコインパーキングとしての営業は、あと2ヶ月ほどで終了でしょうか。


最近はマンションやホテルの建設が相次いでいる仙台ですが、オフィスビルの建設が増えるきっかけになって欲しいものですね。