東京建物(仮称)仙台花京院PJ建設工事の進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区花京院で建設中の東京建物の新しいオフィスビル「(仮称)仙台花京院PJ」の工事進捗状況を見てきました。駅前通を広瀬通との交差点から北へ向かって行きます。


1999年に完成した地上23階建てで高さ約106mの高層オフィスビル「花京院スクエア」の手前で鉄骨が組み上げられているビルがありました。「(仮称)仙台花京院PJ」の建設工事現場です。


駅前通沿いから離れた奥の方で新しいビルの鉄骨が組まれていました。


4月に見た時には地下部分の工事をしていましたが、今回見てみたら早くも最上階の9階部分まで鉄骨が組み上がっていました。これからは手前の方に鉄骨が組まれていくようです。


反対側(東側)の仙台市シルバーセンターの方から見てみました。こちら側は道路ぎりぎりに建てられていますね。


現場に掲示されている作業工程によると現在は地上鉄骨工事中だそうです。「(仮称)花京院PJ」は敷地面積約860㎡、建築面積約697㎡、鉄骨造の地上9階建てで高さ45m、延べ面積約5,996㎡の規模のオフィスビルで2020年2月29日に完成予定です。


花京院スクエア前の公園から撮影。このままの高さで右側に幅が広くなっていくんでしょうね。高層ビルが多い場所なので高さ的には目立ちませんが、どのような外観デザインになるのか注目ですね。