泉区役所の羽生結弦選手フォトモザイクアート・2018年10月

SNSフォローボタン

フォローする


泉区役所で羽生結弦選手のフォトモザイクアートが展示されているというので見てきました。泉区役所の建物は、30年前に仙台市と合併する前の旧泉市時代の市役所をそのまま区役所として使用しています。


西側の本庁舎と東側の東庁舎の2棟が並んで建っていますが、フォトモザイクアートは本庁舎のほうにあります。


本庁舎の正面玄関から中に入ってみましょう。


入り口を入って、すぐ左側に大きなフォトモザイクアートが展示されていました。吹き抜けになっている2階の手摺部分まで届くほどの大きさです。


今年4月に行われた「オリンピック2連覇おめでとうパレード」の時の大きな写真に見えますが、実は小さな写真を貼り合わせて描かれたものなんですね。


近くに寄って見てみると、一枚一枚全然違う写真を並べたものだということがわかりました。今年8月に開催された「泉区民ふるさとまつり」のイベントで、市民から提供してもらった約7000枚以上の写真を使って制作されました。写真は地元泉区の風景や泉区に関するものだそうです。


泉区に関するもので泉区出身の羽生選手を描くというフォトモザイクアートは、郷土愛が強いと言われている羽生選手にピッタリなアートですね。このフォトモザイクアートは来年2月下旬まで泉区役所で展示され、その後は羽生選手の母校の七北田小学校に寄贈される予定だそうです。小学校の中に部外者は入れないので、ファンの人たちは今のうちに泉区役所を訪れてみてはいかがでしょうか。


フォトモザイクアートの横には、デザインのもととなった羽生選手の写真と羽生選手からのメッセージが掲示されています。今年もフィギュアスケートのシーズンが始まりました。オリンピック2連覇という偉業を成し遂げて国民栄誉賞を受賞した羽生選手は「重圧から解放された」と言っていましたが、どのような新しい滑りを見せてくれるのか楽しみですね。

関連記事
羽生結弦選手「2連覇おめでとう」パレード・2018年4月22日