青葉山公園・川内追廻地区整備工事の進捗状況・2019年12月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉通を西へ進み大橋を通って広瀬川を渡ると、左手に広大な更地が見えてきました。「青葉山公園・川内追廻地区」の公園整備工事の現場です。


10月に見た時は、公園の完成予想図が描かれた看板などが設置されていたものの、作業は行われていませんでしたが、今回見に来たら、複数のトラックや重機が導入されて作業が始まっていました。


公園予定地に昔あった、民家の建物は全て無くなっていますが、電柱と電線だけが残っています。


現場に「電力工事中」「電力管路の埋設を行っています」と書かれた看板が設置されていました。どうやら、電線の地中化工事が行われているようですね。来年の3月31日まで続くようなので新しい公園の整備工事は、そのあとでしょうか。


川内追廻地区には、「いこい・にぎわいゾーン」「自然散策ゾーン」「中央広場」、武家屋敷をイメージした「(仮称)公園センター」などが整備される予定です。


川内追廻地区から北側の方を振り返って撮影。左側の奥に見えるグレーの建物が仙台国際センターです。2021年の公園完成に向けて来年は、この風景が大きく変化していくんでしょうね。