ザ・レーベン仙台大手町の建設工事進捗状況・2019年12月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区大手町の、青葉通から仙台城大手門へと続く坂道、大坂沿いで建設工事が進んでいる、タカラレーベンの新しいマンション「ザ・レーベン仙台大手町」の最新状況を見てきました。10月に見た時にはクレーンが1基だけでしたが、今回見てみたらタワークレーンが加わって2基になっていました。


源吾茶屋の南西側、仙台市天文台跡から撮影。
高層マンション「ライオンズタワー仙台大手町」の西側に2基のクレーンが並んでいます。


西公園から見てみたら、建物の躯体が2階部分まで組み上がっているのが見えました。


東側から撮影。クレーンの1基は移動式になっているんですね。


「ザ・レーベン仙台大手町」は、敷地面積5,538.65㎡、建築面積1,616.49㎡、鉄筋コンクリート造の地上13階建てで高さ39.88m、延べ面積13,734.51㎡、総戸数134戸の規模のマンションです。


西側の大橋から撮影。タワークレーンが加わったことで、令和3年3月31日の完成に向けて工事が順調に進みそうですね。