ホテルグランバッハ仙台セレクト・宮城野ビル(仮称)建設工事の進捗状況・2020年2月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅東口から楽天生命パークへと一直線に伸びる道路、宮城野通で建設中の新しいビル「宮城野ビル(仮称)」の工事進捗状況を見てきました。


東口のペデストリアンデッキからは建設用のクレーンが高く伸びていて、鉄骨が手前のビルよりも高く組み上がっているのが見えました。


昨年11月に見た時は、左側のビル「損保ジャパン仙台ビル」よりも低かったですが、すでに3~4階分位高くなっていますね。


現場に掲示されている作業予定表には、鉄骨工事・外装工事・コンクリート打設工事としか書いてなくて何階まで組み上がったのか不明ですが、外から見た感じでは間もなく最上階の16階まで届きそうなほどの高さになっているようでした。


「宮城野ビル(仮称)」は、敷地面積1,888.87㎡、建築面積1,482.75㎡、鉄骨造の地上16階建てで高さ64.948m、延べ面積13,731.84㎡の規模で、低層階に商業テナントが入り、6階までがオフィス、7~16階が「ホテルグランバッハ仙台セレクト」が入る複合ビルです。


反対側の北側から撮影。完成が6月30日の予定なので約半年ほどで新しいオフィスビルとホテルがオープンすることになるんですね。