宮城野ビル(仮称)〈ホテルグランバッハ仙台セレクト〉の最新状況・2019年2月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅東口の宮城野通沿いで建設工事が進んでいる「宮城野ビル(仮称)」の最新状況を見てきました。


損保ジャパン仙台ビルの東側の隣接地で、駐車場だった場所です。


昨年12月に敷地の周囲が防護パネルで囲まれて工事が始まっています。


今回見てみたら「宮城野ビル(仮称)新築工事」と書かれたパネルが現場に設置されていました。このビルにはオフィスや店舗のほか、「ホテルグランバッハ仙台セレクト」が入ることが正式に発表されていますが、ホテル関係の看板などは現段階では出ていませんでした。


建築計画のお知らせの内容にも若干の変更がありました。地上16階は変わらないものの、高さが64.948m、延べ面積が13,724.05㎡、建築面積が1,482.75㎡と小数点以下まで記載された細かい数字になっていました。


防護パネルの上から重機が設置されているのが見えました。反対側(北側)に回って見てみましょう。


キャタピラで自走できるタイプのクローラクレーンのようです。現在の工程は土工事と書かれていましたが、このクレーンはどのような作業をするんでしょうね。


クレーンが姿を現したことで建設工事が本格化してきたことを実感させます。宮城野ビル(仮称)は2020年6月30日に完成予定です。