レーベン仙台 THE BRIGHTAS の新築工事・2018年8月

SNSフォローボタン

フォローする


宮城野区小田原のキリンスポーツクラブ跡地でタカラレーベンが建設を進めている大規模マンションの工事進捗状況を見てきました。敷地の東側に立つ大型マンション「レーベン仙台 THE GRANDE」の西側で新たなマンションの建設工事が進んでいます。写真の右奥に2基の建設用クレーンが見えました。


「レーベン仙台 THE GRANDE」は、すでに完成して入居者の新しい生活が始まっていました。全室完売だそうです。仙台駅東口に近いということが人気なのでしょうか。


南東側から見ると、手前の「レーベン仙台 THE GRANDE」の西側に建設中の建物が見えました。


同じタカラレーベンが建設する「レーベン仙台 THE BRIGHTAS(ブライタス)」です。


建設現場を囲むパネルに、南東側から見た完成予想図が描かれていました。キリンスポーツクラブ跡地の東側と南側に2棟の大型マンションをL字型に配置し、マンションに囲まれた中の土地を入居者専用の駐車場として利用して、平置駐車場100%を確保しているようです。


建築計画のお知らせが掲示されていました。地上13階建てで高さ39.99m、延べ面積約16,997㎡、総戸数182戸の規模で来年の平成31年10月31日に完成予定です。


南西側から見てみました。先に完成した「レーベン仙台 THE GRANDE」は地上13階建てで高さ39.99m、延べ面積約21,973㎡、総戸数234戸なので、2棟あわせた総戸数が416戸の大規模マンション群になります。


北側から撮影。北側には東北新幹線の高架と、その下に東北本線などの線路が通っています。仙台駅東口まで徒歩15分というのは、いざという時には歩いても帰れるという安心感があるのかもしれません。新しいマンションも人気が出そうですね。