(仮称)Dプロジェクト仙台南吉成の建設工事進捗状況・2018年11月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区南吉成で建設中の大規模倉庫「(仮称)Dプロジェクト仙台南吉成」の工事進捗状況を見てきました。


仙台市北西部の住宅街を通る幹線道路「北環状線」を西に進むと葛岡の清掃工場手前の住宅街が途切れる場所で建設されています。


8月に見た時は鉄骨の一部が組み上げられ始めたばかりでしたが、3ヶ月が経過して外観は出来上がっているようでした。


南東側から撮影。「(仮称)Dプロジェクト仙台南吉成」は日立キャピタルが建築主で大和ハウスが設計施工する大規模倉庫です。完成した倉庫を企業にリースするシステムで、この倉庫は大型スーパーの物流センターになる予定です。


南西側から見てみました。こちら側は住宅が立ち並んでいる場所とは反対側で、トラックの荷物の積み下ろしをするスペースになるようですね。


北西側から見てみました。建物を覆っていた防護ネットが外されて外観の一部が見えるようになっていました。


物流センターの北西側は空き地になっていますが、新しく「建築計画のお知らせ」が掲示されました。それによると名称は(仮称)特別養護老人ホーム「第2大石原苑」で、地上4階建てで高さ16.2m、延べ面積約5,962㎡で、児童福祉施設と特別養護老人ホームになる建物が建設されるそうです。


道路のすぐそばに壁のように物流センターの建物が立っています。付近の住民の人たちが24時間運営の物流センターが出来ることで騒音などの環境悪化を問題視していることが河北新報で報道されましたが、老人ホームのほうも問題になるのかならないのか、今後の報道に注目したいですね。