(仮称)ホテル京阪 仙台の建設工事進捗状況・2019年8月

SNSフォローボタン

フォローする


東二番丁通の七十七銀行本店ビル南側にある教会「仙台ハリストス正教会・正神女福音聖堂」の後ろ(東側)の場所に建設中のビルが組み上がっているのが見えてきました。「(仮称)ホテル京阪 仙台」の建設現場です。


以前は日乃出620駐車場だった場所です。7月に見た時は7階位まで組み上がっていましたが、今回見てみたら、12階部分まで組み上がっていました。まだ東側の部分しか鉄骨が組まれていませんが、写真手前(西側)のほうにも鉄骨が組まれていくものと思われます。


南東側の交差点から撮影。現場に掲示されている「建築計画のお知らせ」によると、敷地面積約1,309㎡、建築面積約856㎡、鉄骨造で地下1階地上14階建てで高さ50.05m、延べ面積約8,365㎡の規模で令和2年7月31日に完成予定です。


東側の東三番丁から撮影。あと2階分位高くなるようですね。客室数は200室を計画していて、2階にはレストランも併設するそうです。


この建物がホテル京阪になることは発表されていますが、現場の看板は未だ「(仮称)青葉区中央三丁目ホテル計画」のままになっていました。


青葉通側の七十七銀行南側にもホテルの入り口になると思われる個所があります。敷地の西側の方にも鉄骨が組まれ始めれば、ここからもホテルの建物が見えるようになりますね。