仙台駅東口オフィス開発の工事進捗状況・2019年8月

SNSフォローボタン

フォローする


JR仙台駅東口、ホテルメトロポリタン仙台イーストの北側の隣接地で建設工事が進む「(仮称)仙台駅東口オフィス開発」の最新状況を見てきました。


駅からすぐ近くのライブハウスとして人気だった「Zepp Sendai」跡地で建設工事が進行中です。


現場に掲示されている作業予定によると、今週は土工事、コンクリート打設、地下躯体工事が行われているようです。


7月に見た時には、建設現場を囲む工事用パネルに「仙台七夕まつり」の宣伝写真が貼ってありましたが、今回見てみたら9月7日と8日に開催される「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」の宣伝に変わっていました。今年で29回目を迎えるジャズフェスの過去の歴代ポスターを貼り合わせたデザインで、1991年からの歴史を感じさせるものになっていますね。


西側の駐輪場から見てみました。複数の重機が稼働していて地下部分の作業をしていました。


敷地の北側が地下深くまで掘り下げられていて、7月に見た時よりも倍くらいの深さになっているようでした。


JR東日本が建設する新しいオフィスビル「(仮称)仙台駅東口オフィス開発」は敷地面積約10,326㎡、建築面積約2,166㎡、鉄骨一部SR造の地下1階地上13階建てで高さ59.95m、延べ面積約25,669㎡の規模で、令和3年3月1日に完成予定です。