プラウドシティ仙台上杉山通の建設工事進捗状況・2019年10月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区堤通雨宮町の東北大学農学部跡地で建設中の野村不動産のマンション「プラウドシティ仙台上杉山通」の工事進捗状況を見てきました。


農学部跡地の北東角に新しいマンションが姿を現しました。8月に見たときには足場とネットに囲まれていた建物ですが、撤去が進んで外観が見えるようになっていました。


北東側から撮影。
建物は南面と東面を向いたL字型に配置されています。


北側から撮影。
敷地面積7,915.76㎡、建築面積3,453.09㎡、鉄筋コンクリート造の地上13階建てで高さ39.95m、延べ面積21,019.24㎡、戸数209戸の規模で令和2年3月31日の完成予定です。


建物の北側には駐車場棟も完成しつつありました。


南側から撮影。
広大な再開発地区の北東側に1棟のマンションだけが完成間近で、イオンモールや住友のマンション、厚生病院などの建設工事は未だに始まっていません。8月に見た時に設置されていたプレハブの建物も無くなっていました。イオンモールの建設に向けての地盤調査だったのでしょうか。


東北大学農学部雨宮キャンパス跡地の再開発地区から西側を見ると、高層マンションが立ち並んでいるのが見えます。イオンモールと厚生病院がやってくることをアピールして新しいマンションが相次いで建設されているので、早く建設工事が始まってほしいものですね。

関連記事

雨宮キャンパス跡地の隣接地で新ビル建設発表・2019年10月