JR東日本仙台支社ビル建て替え工事の進捗状況・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


愛宕上杉通と北目町通交差点の南西角で解体工事中の「JR東日本仙台支社ビル」の最新状況を見てきました。同じ場所で新しい支社ビルに建て替えるための解体です。


仙台駅の西口と東口を結ぶ古くて狭い「北目町ガード」の向かい側の場所です。


9月に見た時に建物全体がパネルで囲まれたため、古い建物が今どうなっているのか不明ですが、何台もの重機が敷地内で作業をしているのが見えました。


北側の北目町通から撮影。
現場に掲示されている「今週の作業予定」によると、現在は内部配管ダクトとアスベストの撤去を行っているそうです。古いビルの断熱材には、現在使用が禁止されている有害なアスベストが使われていることが多く、空気中に飛散しないように建物の解体前にアスベストを除去する作業が必要になります。


アスベストに加えて内部配管ダクトの撤去も行われているということなので、建物の解体が始まるまでには少し日数がかかるかもしれませんね。


南隣のJR仙台病院の前から撮影。
新しい仙台支社ビルは敷地面積6,173.76㎡、建築面積3,719.14㎡(全体の面積3,776.41㎡)鉄骨造の地下1階地上7階建てで高さ36.08m、延べ面積21,349.96㎡(全体の面積21,407.23㎡)の規模で、JR系列のスポーツ施設「ジェクサー・フィットネス&スパ」を併設して2021年7月31日に完成予定です。