JCHO仙台病院建替整備工事の進捗状況・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


泉区の住宅街、泉パークタウン紫山に移転新築する「JCHO仙台病院」の建設工事進捗状況を見てきました。


住宅街の中にある企業向け用地「Izumi Soft Park」の北東側の区画に新しい建物が組み上がってきているのが見えました。隣接地には「プルデンシャル生命保険」のカスタマーセンターや「グレープシティ」の本社とCM撮影などで利用されている「ワインスタジオ」が進出しています。


仙台ロイヤルパークホテルの西側にある泉西郵便局の方からは、2棟の建物が建設されているように見えますが、どちらも新しい病院のものでしょうね。


反対側(北側)の白百合学園前から見てみました。
こちら側が病院の正面側になるので「JCHO仙台病院建替整備工事」と書かれた大きな看板が設置されています。


プレハブの工事管理棟の奥の方に巨大なクレーンが林立しているのが見えました。


北側の工事車両出入り口から見てみると、敷地の奥の方(南側)に鉄骨が組み上がっているのが見えました。新病棟は敷地面積68,140.43㎡、建築面積8,400.26㎡、鉄骨造の地上7階建てで高さ34.59m、延べ面積32,994.15㎡の規模で2020年7月30日に完成予定です。


再び泉西郵便局の方から撮影。
街路樹が赤く色付いて秋が深まってきた泉パークタウンですが、再び緑の葉に覆われて夏の日差しが暑く感じるようになる頃には、新しい病院の建物が完成していることでしょう。