青葉区二日町、国分町通沿いの再開発・2020年3月

SNSフォローボタン

フォローする


国分町通は、南町通から北四番丁(県道31号線)まで続く約1.6㎞ほどの道路で、南町通から北一番丁までの住所が青葉区国分町、北一番丁から北側は青葉区二日町になっていますが、青葉区二日町の国分町通沿いで2件の再開発工事が始まっていたので見てきました。


国分町通と北三番丁の交差点、南東角で建設工事がはじまっていました。以前は北萬商店の古い2階建ての建物が立っていた場所です。


現場に「(仮称)二日町ビル新築工事」と書かれた看板が設置されていましたが、まだ建築計画のお知らせは掲示されていなかったので、どの位の規模の建物になるのかは不明でした。


北三番丁側から見てみました。右奥が国分町通です。あまり広い敷地ではないので大きなビルにはならなそうな感じですね。


そこからすぐ北西側の場所では解体工事が進んでいました。パチンコ店のパラディソ二日町店の北側です。


以前は大功ビルという4階建てのテナントビルがありましたが、ほとんど解体されたようです。


こちらには建築計画のお知らせが掲示されていました。それによると(株)BEETが建築主の「(仮称)二日町マンション新築工事」で、敷地面積305.09㎡、建築面積172.12㎡、鉄筋コンクリート造の地上9階建てで延べ面積1,019.78㎡、戸数32戸のマンションが建設されます。着工は4月6日で完成は令和3年3月15日の予定なので、来月初めまで解体工事が続くようです。


北側から振り返って撮影。国分町通というと定禅寺通より南側の歓楽街のイメージが強いですが、北側の区間でも様々な動きがあるようですね。