ル・サンクタワー仙台勾当台公園の建設工事進捗状況・2019年8月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区二日町の国分町通沿いでNIPPOが建設している高層マンション「ル・サンクタワー仙台勾当台公園」の進捗状況を見てきました。仙台市役所の北西側です。


7月に見た時には建物を覆っていた防護ネットを取り外している途中でしたが、今回見てみたら、外観が完全に見えるようになっていました。建設用のパワークレーンも撤去されたようです。


東側の国分町通から見上げてみました。1階部分にある2層吹き抜けのラウンジのガラス窓も見えていますね。


現場に掲示されている作業工程によると、仕上げ工事、鉄骨組立工事、躯体工事が行われているようです。鉄骨組立と躯体工事というのはタワー式駐車場の建設のことでしょうか。


北側から見てみたら、マンションの西側でタワー式駐車場の組立工事が行われていました。10階分位の高さの駐車場になるようですね。


再び国分町通に戻って北東側から撮影。すぐ近くには大京と住友不動産の高層マンションが建っていますが、国分町通に面している建物としては、このル・サンクタワーが一番高い建物になります。


「ル・サンクタワー仙台勾当台公園」は、敷地面積約1,353㎡、建築面積約742㎡、鉄筋コンクリート造で免震構造の地上23階、高さ72.18m、延べ面積約10,090㎡、総戸数103戸の規模です。


北側の少し離れた場所から撮影。「ル・サンクタワー仙台勾当台公園」は今年の11月に竣工予定です。