BRANCH仙台の建設状況・2018年11月

SNSフォローボタン

フォローする

泉区長命ヶ丘と青葉区桜ヶ丘のふたつの区にまたがる場所で建設中の新しい複合商業施設「BRANCH仙台」の工事進捗状況を見てきました。


今までは「BRANCH仙台長命ヶ丘」という仮称でしたが、「BRANCH仙台」という名称に正式決定しました。青葉区桜ヶ丘の東街区は「EAST」泉区長命ヶ丘の西街区は「WEST」と言う名前になりました。


8月に見た時は骨組みだけだった東街区「EAST」が姿を現していました。


建物自体は完成しているようで現在は室内に備品などの搬入作業中のようでした。


建物の前面が大きなガラスになっていて内装が見えました。EASTのオープンが11月29日に決定したので商品の搬入も間近のようですね。


建物の外側では看板の設置作業をしていましたが、「N」が逆向きなのはデザインでしょうか?間違ったのでしょうか?オープン後に確認してみたいですね。


今回、オープン日と共にテナントも発表されました。1階には「みやぎ生協ブランチ仙台店」と「ツルハドラッグ」、2階には「ザ・ダイソー」「ブランチ仙台歯科」「桜ヶ丘バランス整骨院」の5店舗が入るそうです。


EASTの隣には西街区「WEST」が建設中です。こちらは来年春のオープン予定なので、まだ骨組みが出来上ってきた状態でした。


南側から西街区「WEST」を撮影。
先にオープンする東街区は敷地面積約8,074㎡の土地に延べ面積約5,125㎡の建物ですが、WESTは更に規模が大きくて敷地面積約10,593㎡で建物の延べ面積は約15,992㎡、店舗数は30店舗を予定しているそうです。


北環状線側からWESTを撮影。
WESTには5棟の商業施設とテナント併設の駐車場棟の計6棟が建設されます。


仙台市北部の住宅街を貫く幹線道路「北環状線」と仙台市中心部から伸びる「大衡仙台線」の交差点で交通量が多い場所なのでオープン後は賑わいそうですね。