プレシスあすと長町エクレールの最新状況・2019年3月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区の再開発地区「あすと長町」に新しく誕生したマンション「プレシスあすと長町エクレール」の最新状況を見てきました。


あすと長町の中央を南北に通るメインストリート「あすと長町大通」沿いに一建設が建てました。


すぐ東南側には住友不動産の高層マンション「シティタワー長町新都心」が立っていますが南側はガソリンスタンドになっているので日差しが遮られることはなさそうです。


敷地面積約1,895㎡、建築面積約1,130㎡、延べ面積約14,996㎡、地上15階建てで高さ47.6m、総戸数136戸の規模で、今年1月に竣工しました。


昨年11月に見た時はエントランス部分など一部が工事中でしたが、すでに入居が始まっているようでした。


北側から撮影。すぐ近くにJR長町駅があり、駅から徒歩4分というのがキャッチフレーズになっています。


あすと長町では、この数年で4棟の高層マンションが建設されましたが、あすと長町大通に面しているのは「ONE PARK RESIDENTIAL TOWERS」の1棟だけなので、メインストリート沿いという立地は意外に貴重なものなのかもしれませんね。