仙台駅東口オフィス開発の工事進捗状況・2019年6月

SNSフォローボタン

フォローする


JR仙台駅東口で建設工事が進んでいる「(仮称)仙台駅東口オフィス開発」の最新状況を見てきました。


今回見てみたら、現場を囲むパネルに仙台七夕まつりの宣伝写真を貼っていました。もうそんな時期になったんですね。4月に見た時は仙台青葉まつりの宣伝写真でした。


パネル写真をよく見てみたら、下の方に『「(仮称)仙台駅東口オフィス」エントランスホールでは、地域イベント等を定期的に開催してまいります。』と書かれていました。単なるオフィスビルではなくて、エントランスホールをイベントなどを行うスペースとして一般に開放するようで楽しみですね。


建築工事の方は、現在「山留め工事、土工事」が行われているようでした。


工事車両の出入り口が開放されていたので中を見てみたら、奥の方で重機が作業をしているのが見えました。


西側の駐輪場から見てみると、地面の掘削作業が始まっていました。しばらくは地下部分の工事が続くようですね。


線路側で建て替え工事が行われている排気塔も、薄いネット越しに少しだけ形が見えていました。


「(仮称)仙台駅東口オフィス」は、敷地面積約10,326㎡、建築面積約2,166㎡、鉄骨一部SR造の地下1階地上13階建てで高さ59.95m、延べ面積約25,669㎡で、令和3年3月1日の完成予定に向けて工事が進んでいます。