仙台駅東口オフィス開発の工事進捗状況・2020年2月

SNSフォローボタン

フォローする


JR仙台駅の東口で建設が進む、JR東日本の新しいオフィスビル「(仮称)仙台駅東口オフィス開発」の進捗状況を見てきました。


昨年12月に建設用のタワークレーンが設置されましたが、今回見てみたら鉄骨を持ち上げて移動する作業をしていました。


現場に掲示されている作業予定を見てみると、地下躯体工事と並行して今週の木曜日から鉄骨工事が始まったようです。


鉄骨の組み立てが始まると意外に早く組み上がっていくので、これからは見に来るたびに景色が変わっていくんでしょうね。


西側の駐輪場から見てみました。「(仮称)仙台駅東口オフィス開発」は敷地面積10,326.93㎡、建築面積2,166.46㎡(全体の面積2,780.85㎡)鉄骨造一部SRC造の地下1階地上13階建てで高さ59.95m、延べ面積25,669.03㎡(全体の面積27,098.33㎡)のオフィスビルで、令和3年3月1日に完成予定です。


仙台駅の屋上から見てみると、仙台駅東口オフィス開発の更に東側にも建設中のビルが見えました。写真中央の奥で建設されているのは「(仮称)宮城野ビル」で上層階に「ホテルグランバッハ仙台セレクト」が入るビルです。仙台駅東口にもオフィスビルが増えてきていますね。

コメント

  1. 高橋 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    以前 X橋 の街灯が Xになってますよ、とコメントした者です。

    誤字レベルではありますが、
    (仮称)宮城野ビルは、ホテルグランバッハ仙台セレクト、です。

    更新頻度の高さには恐れ入ります。
    体には気をつけて

    • cooyan より:

      間違いの指摘ありがとうございます^^
      うっかり混同してしまいました(汗
      該当箇所を訂正しました。