R&Bホテル仙台駅東口(仮称)の建設工事進捗状況・2019年7月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区新寺で建設中の「R&Bホテル仙台駅東口(仮称)」の工事進捗状況を見てきました。現場に掲示されている看板は、まだ「(仮称)仙台東口ホテル計画」のままですが、仙台市内で2番目の「R&Bホテル」になることが発表されています。


新寺通と東八番丁が交差する変則的な交差点の西側の場所です。


5月に見た時には、まだ地下部分の工事中で地上には構造物がありませんでしたが、今回見てみたら、一部の鉄骨が最上階の10階まで組み上がっていました。


南側から見てみました。鉄骨が組まれ始めると3階分位ずつ組み上げていくので、あっという間に高く組み上がるものなんですね。


反対側の北側から撮影。敷地一杯に建てられているようで、クレーン車を道路に止めて作業が行われていました。


敷地面積約676㎡、建築面積約390㎡、鉄骨造の地上10階建てで高さ35.54m、延べ面積約3,484㎡、全室シングルタイプで195室のビジネスホテルです。


西側から撮影。「R&Bホテル仙台駅東口(仮称)」は、来年の2020年4月の開業予定です。