東京建物(仮称)仙台花京院PJ建設工事の進捗状況・2019年7月

SNSフォローボタン

フォローする


東京建物が青葉区花京院で建設を進めている新しいオフィスビル「(仮称)仙台花京院PJ(プロジェクト)」の最新状況を見てきました。


駅前通を広瀬通との交差点から北へ進むと、建設中の建物が見えてきました。


6月に見た時には、まだ敷地の奥(東側)の方で鉄骨が組まれ始めたばかりでしたが、わずか1ヶ月ほどで駅前通の方まで組み上がっていました。


すでに最上階の9階まで組み上がっていて、建物全体の規模が把握できるくらいになりました。


新しいビルは敷地いっぱいに建設されていて建設用のクレーンを設置するだけの余裕がないようで、道路にクレーン車を停車させて作業が行われています。


北側の公園「花京院緑地」の方から見てみました。東西方向に幅広い建物で、公園に面している側はガラス張りの開放的なオフィスにするそうです。


東側の仙台市シルバーセンター前から撮影。「(仮称)仙台花京院PJ」は敷地面積約860㎡、建築面積約697㎡、鉄骨造の地上9階建てで高さ45m、延べ面積約5,996㎡の規模で、2020年2月の完成予定です。