R&Bホテル仙台駅東口(仮称)の建設工事進捗状況・2019年11月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区新寺で建設工事が進む「R&Bホテル仙台駅東口(仮称)」の進捗状況を見てきました。銀杏並木が色付いてきた新寺通を東へと進むと、「ANAホリディ・イン仙台」からすぐの場所に新しいホテルが見えてきました。


新寺通と東八番丁通の変則的な交差点の南西側です。


10月に見た時は建物全体がネットの付いた足場で覆われていましたが、今回見てみたら足場の撤去作業が始まっていて外観が見えるようになっていました。


撮影した日は小雨交じりの曇り空だったので、外壁の正確な色が分かりずらいですが赤黄色味がかったグレーに見ますね。晴れた日に見るとまた違って見えるかもしれません。


交差点の北東側から撮影。
足場が撤去されていたのは南面のみで、まだ東側と北側には足場が残っていました。


北側には建設用のクレーンが設置されていましたが、役目が終わったようで撤収されていました。


作業工程表には現在の作業は、内装・外装工事と書かれていました。建物自体は完成しているようです。


R&Bホテルとしては仙台市内で2店舗目となる「R&Bホテル仙台駅東口(仮称)」は、敷地面積676.83㎡、建築面積390.21㎡、鉄骨造の地上10階建てで延べ面積3,484.51㎡、客室数195室で、2020年4月にオープン予定です。