ウィザースレジデンス仙台卸町駅前・建設工事の進捗状況・2019年10月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区卸町にある「イオンスタイル仙台卸町」の東側で建設中の新昭和の新しいマンション「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前」の工事進捗状況を見てきました。


地下鉄卸町駅の北側で建設中です。写真の右側手前が卸町駅の北出口で、すぐ近くでは前回お伝えした日通の古い倉庫の解体工事が行われています。


南西側から撮影。
7月に見た時よりも更に高くなっていました。


北西側から撮影。
建物全体が防護ネットに覆われているので何階まで達しているのか外から見ただけではわかりませんね。


現場に掲示されている「今週の作業予定」には鉄筋工事、コンクリート打設と書かれていて何階部分の工事なのかは書かれていませんでしたが、完成予定が来年1月31日なのでそろそろ最上階まで組み上がっているでしょうか。


「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前」は敷地面積2,802.57㎡、建築面積1,690.02㎡、鉄筋コンクリート造の15階建てで高さ44.69m、延べ面積12,910.22㎡、戸数122戸の規模で令和2年1月31日に完成予定です。

関連記事

解体工事が始まった日通倉庫跡地・2019年10月

地下鉄卸町駅周辺の再開発・2019年10月