イオンスタイル仙台卸町の建設・2017年10月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


若林区卸町に新しい大型商業施設「イオンスタイル仙台卸町」が建設されるというので見てきました。場所は地下鉄東西線、卸町駅の出入り口から西へ向かってすぐの土地です。


卸町駅から西へ歩いて行くと、工事用のパネルで囲まれた広大な空き地が見えてきました。建設予定地の東側約3分の2ほどの部分には以前、スポーツクラブやショップなどがありましたが、その後は長い間更地になっていた土地で、西側の約3分の1位の場所には酒販売のカネサ藤原屋の本社ビルがありましたが、建物は全て取り壊されて東側の土地と合わせて更地になりました。


建設現場の前の道路は、仙台市中心部の新寺小路から仙台港方面へと続く幹線道路のひとつで交通量が多く、道路の下には地下鉄東西線が走っています。


建築計画のお知らせが掲示されていました。
敷地面積約19,234㎡の土地に地下1階、地上6階建て延べ面積約47,364㎡、高さ約30mの商業施設が建設されます。


建設現場の中を見てみると広い土地の中で、いくつもの重機が動いているのが見えました。


手前の方にはコンクリートが残っていますが、取り壊された藤原屋のビルの残骸でしょうか。


西側から見てみました。
こちら側にカネサ藤原屋の本社ビルが建っていました。河北新報の報道によると新しい商業施設は1階は食のエリアとして約600席の巨大フードコードを設け、2階は雑貨、美容品関係、3階は子供向け商品エリアとなり、イオンのほか、テナント約80店舗が入り、保育所も設置するそうです。4階~屋上は駐車場になります。

イオンスタイルとは子育て世代をターゲットとした店舗だそうで、来年秋のオープン後には多くの家族連れで賑わいそうですね。