イオンスタイル仙台卸町の建設工事進捗状況・2018年5月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区卸町、地下鉄東西線卸町駅の西側で建設中の「イオンスタイル仙台卸町」の工事進捗状況を見てきました。3月に見た時には建物全体が工事用の防護シートで覆われていましたが、南東側以外はシートが外されて外観が見えてきました。


東側の壁面には「イオンスタイル」の文字が掲げられています。
普通のイオンとの違いは、ライフスタイルの提案をコンセプトにしているのがイオンスタイルで、仙台卸町店は子育て世代の若いファミリーをメインターゲットとして今年の秋にオープン予定です。


南西側の入り口は防護シートや工事用のパネルも撤去されて、すっかり外観が見えるようになっていました。


入り口に近づいてみました。内部は、まだまだ工事中のようですね。


西側から撮影。
建物の4階、5階と屋上は駐車場になっていて、駐車場へと上るスロープが西側を通っていました。


北西側から見るとスロープが目立ちますね。建物周囲の敷地には駐車スペースはなく、車で来た場合は全て建物上部へと上って行くことになるようです。


建物の北側は大きな道路に面していないので、看板もなく駐車場へのスロープと非常階段があり、いかにも裏側という雰囲気でした。


イオンスタイルの東側、地下鉄卸町駅の北口近くでは新しいマンションの建築計画のお知らせが掲示されていました。新昭和が建設する「(仮称)ウィザースレジデンス仙台卸町」で、15階建てで高さ44.8m、延べ面積約13,010㎡、総戸数122戸の規模で平成32年1月31日に完成予定だそうです。

イオンスタイルから東へ900mほど行った場所、国道4号線仙台バイパスと県道137号荒浜原町線の交差点北東角には「ホテルルートイン仙台東」が4月にオープンしました。大型ショッピングセンターやマンション、そしてホテルと地下鉄東西線沿線の開発が進んできたようですね。