ウィザースレジデンス仙台卸町駅前・建設工事の進捗状況・2019年12月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区卸町の「イオンスタイル仙台卸町」のすぐ東側で建設工事が進む新昭和のマンション「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前」の最新状況を見てきました。


地下鉄東西線卸町駅を出てすぐ目の前の場所です。


卸町駅南出口の前から見てみたら、建物全体を覆っていた工事用のネットが撤去されて外観が見えるようになっていました。


10月に見た時にはあった建設用のクレーンも撤去されていて、建物の完成が間近なことが実感されました。現場に掲示されている作業予定には、現在は上層階の内装工事中だそうです。


北西側から見てみたら、まだ建物の北面には工事用のネットが残っていましたが、これも間もなく撤去されるんでしょうね。「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前」は、敷地面積2,802.57㎡、建築面積1,690.02㎡、鉄筋コンクリート造の15階建てで高さ44.69m、延べ面積12,910.22㎡、戸数122戸の規模のマンションになります。


令和2年1月31日の完成に向けて、建設工事は最終段階のようですね。