ウィザースレジデンス仙台卸町駅前・建設工事の進捗状況・2019年5月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区卸町で建設中の新昭和の新しいマンション「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前の最新状況を見てきました。


イオンスタイル仙台卸町の東側で、地下鉄東西線卸町駅の北口から直ぐの好立地で建設中です。

3月に見た時は5階位の高さでしたが、今回見てみたら8階部分の工事中のようでした。


北西側から見ると、だいぶ建物が大きくなってきたことがわかりました。


ウィザースレジデンス仙台卸町駅前は敷地面積約2,802㎡、建築面積約1,690㎡、鉄筋コンクリート造で地上15階建て、高さ44.69m、延べ面積約12,910㎡、総戸数122戸のマンションで来年1月31日の完成予定です。


ウィザースレジデンスの直ぐ近くの南東側でも新しいマンションが建設中でした。こちらは大翔の「(仮称)大和町5丁目マンション」で敷地面積約524㎡、建築面積約291㎡、地上10階建てで他kさ30.6m、延べ面積約2,099㎡、総戸数63戸の規模です。この付近は国道4号線仙台バイパスと産業道路との交差点の西側で、以前からマンションが立ち並んでいる場所ですが、地下鉄の駅と大型ショッピングモールが出来たことで利便性が増したので、人気のエリアとして今後も新しいマンションが増えるかもしれませんね。