ウィザースレジデンス仙台卸町駅前・建設工事の最新状況・2020年2月

SNSフォローボタン

フォローする


若林区卸町に建設された新昭和の新しいマンション「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前」の最新状況を見てきました。


名前の通りに地下鉄卸町駅のすぐ北側で、歩いてすぐの西側にはイオンスタイル仙台卸町があり、交通の便と日常の買い物には非常に便利な場所です。


南西側から撮影。昨年12月に見た時は、こちら側がネットで覆われていましたが、全て撤去されて建物が見えるようになっていました。すでに建物は完成しているようですね。


「ウィザースレジデンス仙台卸町駅前」は、敷地面積2,802.57㎡、建築面積1,690.02㎡、鉄筋コンクリート造の15階建てで高さ44.69m、延べ面積12,910.22㎡、戸数122戸のマンションです。


南西側から1階を見てみました。現在は外構工事が行われていました。


エントランス部分を撮影。竣工は2月下旬、入居開始は3月下旬からだそうで、もうすぐここで多くの人の新しい生活が始まるんですね。