JCHO仙台病院の建て替え整備工事進捗状況・2020年9月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


泉区の泉パークタウン紫山に移転新築工事中の「JCHO仙台病院(旧仙台社会保険病院)」の工事進捗状況を見てきました。「仙台ロイヤルパークホテル」「仙台泉プレミアムアウトレット」「泉パークタウン タピオ」などが立ち並ぶ地区の西側にある泉西郵便局の前からは、新しい病院の建物が見えました。


仙台白百合学園の南側、プルデンシャル生命保険カスタマーセンターの東側の場所で建設工事が進んでいます。


南側から撮影。2月に見た時は、組み上がった鉄骨が丸見えの状態でしたが、今回見てみたら外観がほぼ出来上がっていました。


建物の上部には「JCHO仙台病院」という病院名も設置されていますね。


工事に使用していた巨大なクレーンも撤去されていて、遠くから見ただけだとオープンしているように見えますが、建物の完成予定は令和3年2月19日で、オープンは5月の予定です。


反対側の北側から撮影。現場に掲示されている作業予定によると、現在は外装工事、内装工事、外構工事が行われているそうです。


仙台白百合学園の方からは工事現場の内部が見えました。病院を訪れる人は、こちら側から入って行くことになるようです。


現場に掲示されている完成予想図と比較してみると、外観はほとんど完成しているみたいですね。「JCHO仙台病院」は敷地面積68,140.43㎡、建築面積8,400.26㎡、鉄骨造の地上7階建てで高さ34.59m、延べ面積32,994.15㎡の規模です。


現在のJCHO仙台病院は青葉区堤町にありますが、完成が近づいてきたので、ここに移転した後の病院跡地がどうなるのかも、気になりますね。