JCHO仙台病院の移転計画、その1・2019年2月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区堤町にある「JCHO仙台病院」が泉区紫山に移転するというので現状を見てきました。仙台市中心部を南北に通る「愛宕上杉通」を北へ進み、北仙台を過ぎて「県道22号仙台泉線」を台原のあたりで左側の上り坂へ入って行きます。


上り坂の一番上に現在の「JCHO仙台病院」があります。


坂道の上に病院の建物が見えました。距離は短いですが意外に傾斜があるので、お年寄りや病気の人が歩いて登るのはきついかもしれませんね。


JCHO仙台病院の前にやってきました。駐車場は左へ更に上った場所にあります。

以前は「仙台社会保険病院」という名前で約62年の歴史がありますが、2014年(平成26年)に現在の「JCHO仙台病院」に改称されました。


現在の建物で一番古いのものは築46年になるそうで東日本大震災でも大きな被害を受けて、一部は7ヶ月間も使用できなかったとか。15年ほど前から建て替えの計画が進められてきたそうですが、今回ようやく具体的に動き出しました。


実際に訪れて見てみると、いかにも古い昭和な雰囲気の建物だなという印象でした。新築移転される場所は、ここから北西へ直線距離で約7キロほど離れた泉区紫山の泉パークタウン内の土地です。次回は移転先の泉区紫山の場所を見ていきます。

※参考資料
JCHO仙台病院 公式サイト

コメント

  1. jk-impressive より:

    あすと長町のイオンがいよいよ動き始めましたね。
    仮囲いがされてたので、恐らく着工に入ったのかと思われます。
    以上、情報共有でした。

    • cooyan より:

      情報ありがとうございます!
      イオンの予定地にはシルクドソレイユのテントが作られるのではという話もあるので、
      とりあえずは、そっちの作業かなと思いますが、イオンも工事が始まってもおかしくないころなので
      どんな工事が始まったのか近いうちに見に行きたいと思います^^