コーラスホテル仙台富沢の最新状況・2019年2月

SNSフォローボタン

フォローする


太白区の富沢駅西土地区画整理事業地で建設中の「コーラスホテル仙台富沢」の工事進捗状況を見てきました。


ホテルの名前に富沢と入っていますが、実際は太白区富田京ノ北という住所のようです。この数年で近隣に商業施設が立ち並んできましたが、ほとんど全ての店名に富沢と入っています。最寄り駅が地下鉄の富沢駅なので分かりやすいんでしょうね。


昨年12月に見た時は建物の一部に足場が残っていましたが、今回見てみたら全て撤去されて外観が完全に見えるようになっていました。南側が正面玄関になります。


エントランス部分も出来上がっていました。以前の仮称は「ホテルコーラス仙台富沢」でしたが、正式名称の「コーラスホテル仙台富沢」と書かれた看板が設置されていました。


敷地の周囲を囲んでいた工事用の白いパネル板も撤去されました。


北東側から撮影。工事の完了予定は2月28日なので間もなく竣工するようです。地上6階建てで高さ19.96m、延べ面積約2,996㎡で客室数は99室で、全室がバスとトイレのセパレートタイプだとか。


コーラスホテルの東側に新しくできる商業施設「(仮称)Frespo仙台富沢西」も建設工事が本格化したようです。


現場では重機が作業をしていました。近隣では他にも複数の新たな商業施設建設計画があるようで、地下鉄南北線の南のターミナルとしての新しい街が少しづつ形成されてきましたね。