(仮称)プラウド堤通雨宮町Ⅲの最新状況・2018年2月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


青葉区堤通雨宮町の勾当台通沿いで建設予定の野村不動産の高層マンション「(仮称)プラウド堤通雨宮町Ⅲ」の工事進捗状況を見てきました。以前は三菱自動車の販売店だった場所です。


約3ヶ月前に見た時には、三菱自動車の建物を解体した跡地を時間貸しの駐車場として利用している状態でしたが、駐車場は撤去されて工事用の防護パネルで囲まれて建設工事が始まっていました。


建設予定地の中では重機が作業をしているのが見えました。


出入り口から中を見てみると奥では重機が動き、手前左側では地面が掘削されているようでした。現場に掲示されている作業工程表には山留工事と掘削工事中と書かれていました。


すぐ近くで同時期に工事が始まった積水ハウスの高層マンションは「グランドメゾン勾当台通ザ・タワー」という正式名称が決定しましたが、こちらのほうは正式名ではなく仮称のままでした。地上20階、高さ65.19m、延べ面積約8,850㎡、総戸数95戸で2年後の平成32年3月31日に完成予定です。


この場所の東側では東北大学農学部の雨宮キャンパス跡地の再開発工事も始まっていて、野村不動産はそちらのほうでも総戸数が200戸規模の大型のマンションを計画しています。勾当台通とともに仙台市中心部の北側の居住人口が一気に増えそうですね。