仙台市青葉区一番町ホテル計画(変なホテル仙台)の最新状況・2020年2月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区の一番町四丁目商店街で建設工事中の「H.I.S.ホテルホールディングス」の新しいホテル「(仮称)仙台市青葉区一番町ホテル計画(変なホテル仙台)」の工事進捗状況を見てきました。


仙台東映プラザの北側で、TS仙台ビルなど複数のテナントビルがあった場所で建設されています。


昨年12月に見た時には地面の掘削作業中でしたが、今回見てみたらアーケードの上に重機の上部が見えていました。現在の作業は杭打ち作業と書かれていました。


「(仮称)仙台市青葉区一番町ホテル計画新築工事」は、敷地面積849.81㎡、建築面積517.87㎡、鉄筋コンクリート造の地上11階地下1階、高さ38.2m、延べ面積5,048.43㎡のホテルになります。


今のところ、まだ現場には「変なホテル仙台」の名前は書かれていませんでした。


アーケードの反対側(東側)から見てみたら、地面が掘り下げられて低くなっている場所にトラックや重機が止まっていました。新しいホテルは2021年7月31日に完成予定ですが、ホテルの外観や概要などの詳細発表が待たれますね。