(仮称)雨宮町ビル新築工事の最新状況・2020年4月

twitterで最新情報を発信中!

フォローする


前回、前々回に続いて、外出する用事があった同じ日に撮影した青葉区上杉と雨宮地区の再開発の様子です。3回に分けてお伝えするうちの最後の今回は、東北大学農学部雨宮キャンパス跡地の西側で始まったビルの建設工事です。
(繁華街から離れていて通行人が少ない地域ですが、3密を回避するなど細心の注意を払って撮影しています。)


北六番丁通と堤通の交差点北西角で、以前は飲食店などが入居していた古い4階建てのビルが立っていた場所です。


昨年10月に見た時には古いビルが解体されて更地になっていましたが、今回見てみたら建設工事が始まっていて2階部分を組み立て中のようでした。


「(仮称)雨宮町ビル新築工事」は、敷地面積206.6㎡、建築面積163.62㎡、鉄筋コンクリート造の地上10階建ての高さ30.2m、延べ面積934.9㎡、医療関連施設のテナントと共同住宅8戸の複合ビルで、今年の12月25日に完成予定です。


南西側の雨宮神社の方から撮影。
雨宮キャンパス跡地の西半分に移転予定の仙台厚生病院は今年の秋に着工予定なので、(仮称)雨宮町ビルが完成する頃に、工事が本格化するんでしょうかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 伊達男 より:

    伊達男です。
    更新が無いので心配しております。
    大丈夫ですか❔

    • cooyan より:

      いつもありがとうございます。
      5月中はコロナによる外出自粛のため撮影出来ませんでしたが、6月は個人的な理由により中旬頃まで外で撮影する時間が取れなくて更新することが出来ません。6月下旬頃からは、また更新出来ると思いますので少々お待ち下さい。その間は「仙台Today」の平成懐かし写真を更新してますので、そちらをご覧になりながらお待ち下さい^^