東京建物(仮称)仙台花京院PJ建設工事の進捗状況・2019年4月

SNSフォローボタン

フォローする


仙台駅北側の駅前通沿いで、東京建物が建設している新しいオフィスビル「(仮称)仙台花京院PJ」の工事進捗状況を見てきました。


花京院スクエアの南側で、駅前通から東北電子専門学校の方へ曲がる角の場所です。


高層オフィスビル「花京院スクエア」の手前に工事用のパネルに囲まれた一画があります。以前は「オイラービル」と民家があった場所で、それらが解体された後しばらくは駐車場になっていました。


そこに東京建物が新しいオフィスビルを建設することが発表されて、昨年12月から建設工事が始まりました。


2月に見た時は土地を掘削していましたが、今回見てみたら地面に鉄板が敷かれていて、奥の方で重機が作業をしていました。建物の鉄骨が組み上げられるのはもう少し先でしょうか。


「(仮称)仙台花京院PJ新築工事」は敷地面積約860㎡、建築面積約697㎡、鉄骨造で地上9階建て、高さ45m、延べ面積約5996㎡で用途が事務所、店舗、駐車場のビルで来年の2020年2月29日に完成予定です。


北東側から撮影。写真向かって左の方に行くと東北電子専門学校があります。


東側から撮影。仙台市内ではマンションやホテルが相次いで建設されていますが、久しぶりの新しいオフィスビルの完成が楽しみですね。