元寺小路福室線沿いの再開発工事進捗状況、後編・2019年7月

SNSフォローボタン

フォローする


前回に引き続いて都市計画道路、元寺小路福室線沿いの建設工事の進捗状況を西から東へ向かって見て行きたいと思います。今回は二十人町交差点の手前(西側)で空き地になっている場所から見てみましょう。


「(仮称)ミライズ仙台駅東8番館新築工事」の建設現場です。2月に見た時に歩道側を囲っていた工事用のパネルが、今回見てみたら撤去されて工事現場が見えるようになっていました。地面に鉄板が敷かれているので、地下部分の工事中に作業が中断されたような雰囲気です。


現場に「建築計画のお知らせ」が掲示されているので、計画が無くなったわけではなさそうです。敷地面積約518㎡、建設面積約350㎡、鉄筋コンクリート造の地上10階建てで高さ31.95m、延べ面積約3,004㎡、総戸数72戸のマンションが来年2020年5月31日に完成予定なので、予定通りに進むのなら間もなく工事が再開されるかもしれませんね。


二十人町交差点の南西角には、菊水商事(株)の貸店舗建設予定地と書かれた看板が出ていました。まだ工事が始まる気配はありませんでしたが、面積があまり広くないのでコンビニになるのかなという感じですね。


二十人町交差点を渡って東側に来ると、再び建設工事現場が見えてきました。2月に見た時には地下部分の工事が始まっていましたが、今回見てみたら5階位の高さにまで組み上がっていました。


2月には看板や建築計画のお知らせなどが全くなくて何の工事か不明でしたが、今回見てみたら「(仮称)ミライズ仙台駅東7番館新築工事」と書かれた看板が掲げられていました。工事が休止している西側の8番館よりも、こちらの方を先に建設するようですね。


建築計画のお知らせによると、敷地面積約396㎡、建築面積約296㎡、鉄筋コンクリート造の地上9階建てで高さ28.79m、延べ面積約2,290㎡、総戸数62戸の規模で来年2020年2月29日に完成予定です。


すでに両脇にマンションが立ち並んでいる場所ですが、仙石線の榴ヶ岡駅まで歩いて8分ほどで、仙台駅東口まで歩いても15分くらいの場所なので需要はありそうですね。


(仮称)ミライズ仙台駅東7番館の建設現場前から西側を振り返ってみました。元寺小路福室線の先に花京院の高層ビル群が見えました。元寺小路福室線沿いには、まだ多くの駐車場があるので、今後も建設工事が増えそうです。