プラウドタワー仙台勾当台通の建設工事進捗状況・2019年12月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区堤通雨宮町で建設工事が進む野村不動産の高層マンション「プラウドタワー仙台勾当台通」の工事進捗状況を見てきました。


10月に見た時よりも少しだけ高くなっていて、建設用のクレーンも若干高くなっていましたが、そろそろ最上部まで組み上がったようです。


西側から撮影。
勾当台通に面して南北方向に幅広い建物になっています。


南側から撮影。
南面はスリムで高層マンションらしいフォルムですね。


東側の面は廊下や非常階段になっていて、部屋は西側の勾当台通に面して配置されています。


今回来てみたら、敷地の周囲を囲んでいた工事用の白い防護パネルが撤去されていました。


西側の勾当台通に面した部分の工事用パネルも無くなっていて、いよいよ完成に近づいてきたことが感じられました。


北西側から撮影。
「プラウドタワー仙台勾当台通」は、敷地面積1,358.36㎡、建築面積625.57㎡、鉄筋コンクリート造の地上20階建てで高さ63.19m、延べ面積8,778.79㎡、戸数95戸の規模で、2020年2月下旬の完成予定です。