南町通沿いに新たな商業複合ビルの建設計画が発表・2018年3月

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


JR仙台駅西口の南町通り沿いに新たなビルの建設が始まったという情報を頂いたので見てきました。


場所は仙台駅前、エンタツパーキングビル西側のコインパーキングとして利用されていた土地です。


もともと立体駐車場で震災後に解体されて青空駐車場になっていましたが、今回見てみたら駐車場は閉鎖されていました。


現場に「建築計画のお知らせ」が掲示されていました。
それによると、パチスロメーカーの(株)パイオニアが、敷地面積約1,569㎡の土地に、地下1階地上8階建て、高さ37.7m、延べ面積約9,600㎡のビルを建設する計画だそうです。名称は「(仮称)SND」で用途が遊技場、ホテル、駐車場となっていますが、パチスロメーカーのビルなので遊技場はパチンコ店になるものと思われます。低層階がパチンコ店で上層階がビジネスホテルという構成になるのでしょうか。


南西側の仙台朝市から撮影。
写真奥の中央左寄りにある黒いビルが、オープンしたばかりのオリックス不動産の商業ビル「仙台南町通ビル」です。仙台南町通ビルも8階建てですが、高さが32.45m、延べ面積が約4,600㎡なので、今回の(仮称)SNDは高さで約5m高く、延べ面積は2倍以上大きなビルになりそうです。


北側の仙台南町通ビルの前から撮影。
向かって左側のビルはパルコ2です。写真の手前側では南町通の整備工事が続いています。


東側のエンタツパーキングビルから撮影。
パチンコ店とホテルの複合ビルというのは珍しいと思いますが、どのようなデザインになるのか注目ですね。約1年後の平成31年3月31日に完成予定です。