仙台駅西口駅前広場の再整備工事進捗状況・2020年1月

SNSフォローボタン

フォローする


JR仙台駅西口の南町通側で行われている、西口駅前広場再整備工事の最新状況を見てきました。


新しく設置されたバスプールが車道と完全に隔てられていて、バスの停車位置に白線が引かれていました。


新しい交通島のバス停部分がレンガ色になっていますね。昨年11月に見た時には舗装されていなくて資材や工具などが置いてあり雑然とした状態でしたが、今回見てみたら綺麗になっていて完成が近づいていることを感じさせました。


ペデストリアンデッキと繋がる東側と西側のふたつの階段も完成していますね。


西側のエレベーターも完成していました。


現場に掲示されている看板には1月30日からバス停が移動されると書かれていましたが、工事はもう少し先まで続くようです。


仙台駅西口再整備工事は今年度中の完成予定なので、3月までには工事が終わりそうですね。

コメント

  1. 稲美弥彦 より:

    仙台駅が煉瓦になっても根本的に歩道橋依存と歩きにくい駅は変わりないです。
    他の地方を歩いた私の身からすると仙台駅は非常に歩きにくい構造であり、バスとか電車の仙台駅一極集中を考えると根本的に仙台の鉄道政策に問題があるとしか思えません。
    金沢、富山、大阪、横浜、名古屋、浦和、長野、姫路、静岡などと比較すると階段使って歩く、天候の影響を受けやすい構造になっている他、変な枝分かれや案内が不親切なのが非常に目立ちましたね。
    加えてそれなりの都市なのに地下鉄が高く、仙山線などは貧弱過ぎるのも改善点かと思います。
    歩道や広場整備より南仙台駅や仙山線愛子以東の複線化の方が大事かと思います。

    • cooyan より:

      コメントありがとうございます。
      現在の仙台駅は1977年の完成でペデストリアンデッキを含めて40年以上経っているので、
      近い将来、仙台駅の建て替えが現実的なものになると思いますが、駅を新しくするときには
      もっと効率のよい配置や動線にして、初めて訪れる人も移動しやすく使いやすいものにしてほしいですね。