ホテルリブマックス仙台国分町(仮称)の建設工事進捗状況・2020年1月

SNSフォローボタン

フォローする


ドン・キホーテ晩翠通り店の東側で建設工事が進む「(仮称)仙台市青葉区国分町ホテル計画」の最新状況を見てきました。


ドン・キホーテ北側の一方通行の道路を東へ進むと、国分町交番の手前の光彩通との交差点、南西角で建設工事が進んでいます。


「(仮称)仙台市青葉区国分町ホテル計画」の建設現場です。


11月に見た時は、どういうホテルになるのか不明でしたが、今回来てみたら「ホテルリブマックス」の看板が掲示されていました。ビジネスホテルの「ホテルリブマックス仙台国分町(仮称)」になるようです。


北東側から撮影。
ここから南へ約500ⅿほど行った場所に「ホテルリブマックス仙台青葉通」があるので、仙台市内では2店目の進出になります。


現場に設置されているLED表示板には、現在の作業は地下躯体工事と表示されていました。敷地面積541.15㎡、建築面積299.7㎡、鉄骨造の地上11階、地下1階、高さ35.8m、延べ面積2,614.31㎡のホテル、飲食店、店舗で、2020年11月30日に完成予定です。


南東側の光彩通から撮影。
現在は地下部分の工事中なので地上には何も組み上がっていませんが、今年の暮れには新しいホテルが出来上がっているんでしょうね。


一方、ホテルリブマックス建設現場の北側では、「ホットハウス国分町パーキング」が工事用の白いパネルで囲まれて工事が始まっていました。現場には工事内容を知らせるような看板などは何も掲示されていなかったので、どのような工事なのかは不明ですが、立体駐車場の修繕工事のような雰囲気でした。こちらの工事も今後の動きを見ていきたいと思います。