肴町通り沿いの再開発・2020年1月

SNSフォローボタン

フォローする


青葉区国分町の肴町通り沿いで複数の建設工事が行われていたので見てきました。「ぶらんど~む一番町」の「ロイヤルホスト」やライブハウスの「darwin」などが入居するビル「DATE ONEビル」の北側の一方通行道路を西へと行ってみましょう。


国分町通との交差点を超えて更に西へと向かって行きます。


仙台歯科医師会のビルの先に2か所の建設現場が見えてきました。


最初の建設現場では、すでに3階部分まで鉄骨が組み上がっていました。牛タンの有名なお店「太助」の新しい店舗の建設現場です。写真の左端に見える2階建ての建物が現在の「太助」の店舗ですが、すぐ東側の場所に新築移転するようですね。


建築計画のお知らせによると、「(仮称)肴町 太助分店 新築工事」で、敷地面積123.03㎡、建築面積98.4㎡、鉄骨造の地上3階建てで高さ9.95m、延べ面積288.78㎡の飲食店のビルで、今年の3月31日に完成予定です。ちなみに写真の左奥に見える建設中の建物は、前回お伝えした「(仮称)フィル・パーク仙台広瀬通」です。


更に西へ進むと、肴町公園の西側の道路の先にもう1カ所の建設現場のクレーンが見えました。


セコムホームライフの新しいマンション「グローリオコンフォート青葉通一番町」の建設現場です。青葉通でも一番町でもありませんが、どちらも近くて徒歩圏内ではあります。現場に掲示されている作業予定によると、現在は4階の型枠・鉄筋工事中だそうです。


敷地面積669.08㎡、建築面積306.58㎡、鉄筋コンクリート造の地上15階建てで高さ44.73m、延べ面積3,705.36㎡、戸数56戸のマンションで、令和3年3月31日の完成予定です。国分町通や一番町に歩いて行ける場所にも関わらず、この辺りは落ち着いた雰囲気の通りでマンションが多く立っているので、ここも人気が出そうですね。


それほど大規模ではない再開発も、仙台市内では結構多く進行しているようです。